原状復帰と似た言葉の違い

「室内の雰囲気を少し変えてみたいな」、「インテリアを増やして自分好みに装飾したい […]

Read More
元通りの部屋

内装工事と外装工事

住宅を初めて買う場合は何もわからないことが多いですよね。家を買うのだから基本的な […]

Read More
木目調の壁
床板

大人の人は家を借りたりしたことがあると思います。もしくは少数ですが家を貸したりする場合もあると思います。
若い人の場合は賃貸で家を借りているほとんどです。
賃貸で家を借りた場合、賃貸契約終了後に貸している人に対して明け渡さなければなりません。
単純に明け渡しというわけではなく、自分が借りた時の状態にも戻さなければならないのです。これを不動産における原状回復といいます。
もしフローリングを傷つけてしまったり、壁に穴が開いたりしてしまったとかなってしまった場合はそれを修理しなければなりません。
原状回復にする工事なのでこれを原状回復工事といいます。

■原状回復とは
上記では不動産の場合の原状回復のことを説明しました。一般的な原状回復とは何か問題があって起きた現在の状況を問題が起こる前の元の状態に回復することをいいます。
民法545条1頂では「契約が解除された場合に当事者が負担すべき業務内容を指しています。契約が解除されると、契約は最初から存在しなかったものとして扱われるので、当事者は互いに元の状態に戻すべき義務を負うこととなります。」
一部省略しましたが、民法上では原状回復はこういう意味になっています。

■内装とは
内装とは室内の装飾のことをいいます。
証明や家具、床、天井などの装飾も内装です。